mymakuraBedにこめられた、マイまくらのこれからの100年への思い。塚本専務インタビュー

新園マイ
新園マイ
mymakuraBedにこめられた、マイまくらのこれからの100年への思い。塚本専務にインタビューさせていただきました。

塚本専務

新園マイ
新園マイ
まず簡単に自己紹介をお願いいたします。
福岡出身です。高校や大学では野球に取り組んでいました。
大学の時に、寝具の出荷のアルバイトをする機会があり、それ以来寝具に関わっています。

そのころは羽毛ふとんが売れていて、寝具業界にものすごく勢いのあった時期で、進路先も寝具メーカーに進みました。
入社後は営業として様々な企業や企画に関わりました。

まずは自分をおぼえてもらうところからはじめて、様々な経験をさせていただきました。
そのなかでマイまくらとも関わりが生まれ、現在専務として勤務しております。

塚本専務
塚本専務

スタッフ全員が経営者、伝えるでなく、伝わる。を考えて行動していただいています

新園マイ
新園マイ
マイまくらではどのような役割を担われていますか。
商品の企画統轄を担当しております。
全国の店舗数が40を超え、マイまくらも会社から企業へ、製造小売業のメーカーとなっていく進化の過程で、大変ですが、充実した日々を過ごしています。
塚本専務
塚本専務
新園マイ
新園マイ
「会社から企業へ」はいい言葉ですね。
それを達成するための目標作りもしていて、今年度は「マイまくらブランドの認知・価値向上、イノベーション。~未来は社員みんなで作り。夢をかなえる企業になろう」を掲げて、様々なことに取り組んでいます。
スタッフ全員が経営者、伝えるでなく、伝わる。を考えて行動していただいています。
塚本専務
塚本専務

布団屋さんからライフシーンに合わせて様々な提案ができる企業になっていくという思いを込めた「mymakuraBed」

新園マイ
新園マイ
今回塚本専務には「mymakuraBedにこめられた、マイまくらのこれからの100年への思い」というテーマでお話を聞かせていただければと思っております。
まずいままでのマイまくらの店舗と「mymakuraBed」の差、定義についてお聞かせください。
布団屋さんからライフシーンに合わせて様々な提案ができる企業になっていこうということで、家庭に浸透してきたベッドという言葉でご案内しております。

「眠りの楽園」というキーワードを掲げて、歴史と伝統を守りつつ、最新の技術を用いて極上の眠りをお届けしていければと思っております。

マイ枕はうちの商品名でもあるので、まくらはもちろんですがベッドもマットも寝具全般扱っていることをわかりやすく案内できればと思います。

mymakuraBed

塚本専務
塚本専務

眠りの専門店の「スリーププランナー」

新園マイ
新園マイ
マイ枕制作には測定、また作ったあともメンテナンスが必要だと思います。
全国に眠りの専門家ともいえるスタッフさんを配置するためどのような試みをされていますか。
スリーププランナーという制度を考えております。
眠りの専門店のスタッフとしてふさわしい方たちに、名前に刺繍入りのエプロンをお渡ししていくということも始めようと思っています。

スタッフはそれを目標にしていただき、お客様にはそのエプロンを付けたスタッフに気楽に声をかけていただくそういう環境が作れればと考えております。

マイまくらの商品は、お客様の悩みを解決するソリューション型の商品だと思っております。
ぜひ寝具や睡眠の悩みを気軽に相談していただき、解決していただきたいです。

塚本専務
塚本専務
新園マイ
新園マイ
スリーププランナー本当に素晴らしいと思います。
実際にどのようにスタッフさんを育てていかれるのでしょうか。
生活者さんの視点をもっているスタッフを育てること、そのための仕組みつくりに取り組んでいます。
「学び塾」という「枕」「マット」など、カリキュラム単位の教育方法をマニュアル作りから考えています。
社内スタッフのインタビュー動画を希望する人はスマホから見れたりと、AMを中心に仕組みやインフラ作りに取り組んでいます。
塚本専務
塚本専務
新園マイ
新園マイ
新店舗にあわせて、スタッフさんを抜擢していくわけですから、マイまくらのスタッフさんの役割はさらにだいじになっていきまね。
全国に新店舗増えていますが、どの店舗にも安心してご来店いただければと思います。
塚本専務
塚本専務

創業115年の伝統を守りつつ、品質をさらに上げて、いい寝具と居眠りを提供していければと思います。

新園マイ
新園マイ
これからのマイまくらについて、ユーザーさんにメッセージをください。いただけますか。
今回話させていただいた内容は、人生100年のお客様の睡眠のライフシーンに眠りの専門店として寄り添っていきたいという思いで考えております。

創業115年の伝統を守りつつ、品質をさらに上げて、いい寝具といい眠りを提供していければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

塚本専務

塚本専務
塚本専務

鹿児島地区エリアマネージャー(AM)末吉さん エリアマネージャー(AM)から広告物の制作ま ...

20万人の方にご利用いただき、店名の由来ともなっている、オーダーメイド「マイまくら」につい ...

mymakuraの全国展開を支える マイまくら物産の取り組みや、2020年6月に動き出した ...